増えているIT眼症の本当の理由とは!

みなさんこんにちは! 優斗です!

 

みなさんはIT眼症って聞いたことあるかな?

最近はいろんな新しい言葉が作られるから、まだあまり聞いたことない人もいるだろうね。

 

これはPCやスマホの普及によって目を酷使しまくり、いつの間にか目に様々なトラブルが起きてしまったり

ここから全身症状にまで発展することもある厄介な現代病だ。

 

しかも最近は子供にまで増えてきてるそうだから、本来なら早急な対策が必要なんだけど・・・・・

 

一般的な予防法は

長時間続けて画面を見ない

ゲームの時間も短くする

ブルーライトカットの対策をする

くらいが言われている。

 

でもさ、本当なら深刻に健康にかかわってくることは国レベルで動かなきゃいかんよ。

それを個人レベルで対策するなんてピントがズレてる。

対策をしない人はもれなく被害に遭ってるんだからね。

 

しかし、この裏には世にも恐ろしい事実が隠されていることに気づいてる人は少ない。

 

こういった問題の根源にあるものは実は「電磁波」なのだ。

 

以前はブラウン管テレビや電子レンジ、電気カーペットや電気毛布など

遠ざけようと思えば距離をとれる電化製品が電磁波の発生源だったけど

最近では技術の発達もあり、スマホ、PC、WiFi、太陽光パネル、IH調理器、電気自動車等々

ひと昔前よりもリスクが急激に上がっているんだ。

 

目に見えないから大丈夫なんて思いがちだけど、もし電磁波が目視できたら卒倒しちゃうだろうね。

 

現代では、ものすごい電磁波の波の中で生活しなきゃいけなくなってるんだよ。

 

その結果、あらゆるレベルの体調不良、もちろん発がんを含めすべての健康問題に密接に絡んできている。

 

 

ちょっと外に出かけてみれば、最近までなかった携帯電話の基地局のアンテナがいろんなところに立ってるけど、ここから強力な電磁波が出ていて相当な半径にいる人に有害電磁波を浴びせている。

 

そんなところで暮らした日には・・・なんて考えるとヤバいよね。

 

だからこそ電磁波問題は国レベルでの対応が絶対に必要なんだけど、それは100%無理!!

この電磁波問題を国が認めてしまった日にゃ、超絶莫大な補償問題に発展していくので

まず電磁波が健康被害を及ぼすことなどない、って言いきるだろう。

 

他の先進国ではいろんな基準の元対策をとってるのに、日本では基準がゆるゆる。

てか、そんな話まず出ないし。

 

テレビの健康番組でもやってないでしょ

新聞記事にもならないでしょ(ほとんど)

ネットでもこの手の記事は削除されることもある

明らかにヘンだよね。

 

 

どこに行っても必ず電磁波の影響を受ける時代になってしまったのだから、

もう個人レベルでなんとか予防しなきゃ健康の基礎部分がスカスカになっちゃうよ。

 

そのくらい事態は深刻なんだ。

 

今は探せばいろんな予防グッズがあるから、それらを是非使って

様々な電磁波障害から身を守っていこう。

 

この電磁波の環境を見直し改善していけば、ずいぶん変化の出る体調不良も多いはずだよ。