スポーツとメンタル

もはや常識になっているが・・

みなさんこんにちは! 優斗です!

 

今年は平地の雪が今のところ少なく

例年だと汗をかきながら雪かきをしてたのに

まだ1回もない。。。

 

ま、これからでしょうね。

楽しみ?それとも苦しみ?

どっちでしょ?

 

 

今日はスポーツとメンタルの関係を書いちゃおう。

 

この両者の関係の深さはもはや常識になっているけど

まだうまく理解できていない人もいるのは確かだ。

 

スポーツをしていない人だって

これを知れば日常生活全般に

プラスに活かしていくことができるから

知っておいてほしいことだよ。

 

体ってこんな仕組みもある

実は、精神的ストレスが掛かるほど

肉体に力が入りづらくなり

体のコントロールが効かなくなるのだ。

 

どう考えてもこれってヤバくない??

 

肉体だけトレーニングしていても

まだ別の要素も必要なのに無視していては

なかなか本来の実力が出せないことになるんだよね。

 

でも、知らない人はラッキーだよ。

だってこれを知れば

伸びしろありますね~、ってなるんだもん。。

 

先日も男子フィギアスケートで

カムバックしたT橋D輔選手が

予想以上の好成績で話題だったよね。

 

これも裏にはメンタルの影響がスゴイ関係してたと思う。

もちろん肉体レベル、技術レベルの

融合があってこそだけど。

 

インタビューや後日談などから

やはりメンタルが大きく関わっていたことに気づいたんだ。

 

以前の現役時代よりフィジカル面では落ちていても

メンタル面が優れていれば

良い結果に結びつきやすくなるってことが

今回でも証明されたことにならないかな?

 

求めているものは力を抜くとやってくる

勝ちたい

勝たねば

負けるわけにはいかない

負けたくない

 

このような気持ちになっていると

心が力んでしまい

ギュっと緊張してしまうものだ。

 

こんな状態でプレーをすると

途端にミスをしやすくなる。

 

体が思うように動かないからだよね。

 

ならば心はどういう状態にあるべきか。

こういう事も練習して積み上げていくべきことだと思うよ。

 

目指すのは

ゾーンのようなニュートラル状態。

 

この状態になれば

体の力みが抜け

体の可動域も広がり

練習の成果を最大に発揮できるような

環境になっている。

 

あえてその状態にもっていくことが

より良い結果に結びつく可能性が

上がってくるわけだ。

 

ニュートラル状態にしていくためには

よく「平常心」だ。

と意識している人もいるだろう。

 

しかし、平常心になるぞ、

と意識した時点ですでに平常心ではなくなっている。

 

心が力んでしまっているからだ。

 

ここで止まってしまうとなかなか

ニュートラル状態は難しいと思う。

 

ニュートラル状態になっていくコツは

「心から楽しむ」

ただこれだけでいい。

 

強がって、楽しいと思っているうちはダメ。

本当に心の深いレベルで

ウソ、偽りではなく

「あ~、楽しい」

って思えればかなりメンタルは安定している。

 

どうしても練習すればするほど

この感覚から遠ざかってしまってしまうよね。

 

これが落とし穴なんだ。

 

多くの選手がここで壁を感じてしまうんだと思うよ。

 

この壁を越えていくには

価値観の変換が必要だけど

やはり精神的成長がカギかな。

 

いかに一周回って

からのニュートラルにしていくか。

 

言葉にすると難しいけど

要は

子供時代に戻ったつもりで

純粋に楽しんでプレーすること

なんだよね。

 

雪かきだって

あ~、やだな、大変だぁ

と思って雪かきをすると

どえらい疲れて大変だけど

わぁ、雪だ♫雪だ♫

ヒャー、楽しい✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

って気持ちでやったなら

意外と疲れ方違うんだよね。。

 

こんなことは

自分のさじ加減一つで出来ることだから

是非活用してみたらいいと思うよ。

 

しかし、そうと分かっても

なかなか頭の中で割り切れないなんて人は

メンタル施術を取り入れ

そこまでもっていってみよう!

 

メンタル施術は

・マイナスイメージの払しょく

・プラスイメージの定着

両方できるから

その人に合わせた組み立て方で

脳内環境を変えていくよ。

 

メンタルを改善、強化して

伸びしろの部分を引き出してみよう!!