気を付けよう! 食べ物・飲み物・使う物

あなたはだまされている!

なんて急に言われたら

嫌悪感を抱き

とたんに心のシャッターを下ろしてしまうかもしれない。

 

しかし一頃よりはこういった話に耳を傾けてくれる

人が増えてきているのも事実。

 

だって自分や家族、そしてペットたちの

健康に直結することだからね。

 

無関心でいては容易く不健康になってしまうのだから。

 

日本、いや世界的にも

もはや性善説などというまやかしは通用しなくなった。

 

企業、政治は金儲け主義、保身に走り

国民の命や健康のことなど全く無関心だからだ。

 

いまだに国は自分らの健康や暮らしのことを

思いやってくれている

なんて呑気なことを思っていたとすれば

要注意。

 

現在の状態がいかにデンジャラスなことになっているのか

詳しく知る必要があるだろう。

 

3.11のとき多くの人が気づいたと思ったんだけど

あれからもうすぐ8年経つが

事の重大さはすっかり影を潜め

テレビではグルメやスポーツ、お笑いがメイン。

 

それが悪いとは言わないが

何か大事な事忘れちゃいませんか?

 

メディアは意図的に大事なことに

触れないようにしているみたいだよね。

 

結果どうなるかと言えば

全国で病人が増え

若年性疾患も増え

出産率が低下し

奇形児も増え

精神障害の人も増え

少し前は1億総半病人と言われてたけど

これからは1億総病人と言われる時代に突入してしまったわけだ。

 

果たしてこの原因は分かっているだろうか?

 

それは食べ物、飲み物、使うものによる

副作用なのだ。

 

もっと言えばいまだ収束していないどころか

ますます状態が悪化している放射能問題や

これから迎える4Gから5Gの電磁波地獄問題。

 

ケムトレイルによる有毒物質の空中散布もそう。

種子法による遺伝子組み換え食品の乱立

水道法民営化による水質汚染問題

TPPによる生活環境の悪化などなど

もうムチャクチャですわ・・・

 

こんな大事なことに多くの人が無頓着なのも問題だ。

 

このことの重大さに気づいてもらっては困るのが

政治家や企業、マスコミなどの利権団体。

 

どうかいつまでも気づかれませんようにぃぃ~

って願ってるんだろうね。

 

こんな劣悪な環境の中で健康に暮らしていける自信

は果たしてあるだろうか?

 

結局のところ

健康で長生きしたい

ってのがみんなの願いだと思うけど

そのために気を付けるべきことは

たくさんあるわけだよね。

 

せめて自分の食べるもの・飲むもの・使うものに

もっと注意してみたほうがいいと思うな。

 

すべてリスクが少ない方を選んでいけばいいのだ。

出来る範囲でね。

 

ケガの回復が悪い

病気が悪化している

いつまでも痛みが取れないなど

体調が思わしくない場合

食品添加物を摂りすぎていないか

薬による薬害はないか

電磁波被ばくしていないか

放射能被ばくしていないか

は必ず考えなきゃいけないことだよね。

 

放射能の場合、空間線量もそうだけど

もっと気を付けるべきは内部被ばく。

 

先日も東京の子供たちの検査で

対象の子供たちの約70%から尿中にセシウムが

検出されたとニュースになっていた。

 

セシウムの他にもっと気をつけなきゃならん

放射性物質があるけど全く触れないのはなぜ???

 

これを見ても分かるように

実態はひどい汚染状態。

 

細胞分裂の盛んな子供たちや思春期の子たちの

突然の発病との因果関係を考えてやるのが

国レベルでの事業だと思うのだが

ならばそんなことは全くありません!!!

にしたいんだから、もう時すでに遅し・・・なのだ。

 

分かっている人は個人レベルで

様々なリスクを回避していこう。

 

未来の健康は今作られているんだからね。