薬に頼るばかりが花粉症対策じゃない

今年ももうすぐ花粉がやってくるぞ

東京ではすでに花粉に反応してきてる人が増えてきたみたいだね。

もう反応するのが分かってる人は早め早めの予防をやっていきたいものだ。

 

その方法としては

病院に行って薬をもらって飲む

サプリを飲む

せいぜいこのくらいなのかな?

 

両方とも花粉に負けないような効果を期待してると思うけど

やっぱり体内に入れるものだから

副作用とか気になっちゃうよね。

 

まあ、普段の食生活を気を付けて栄養バランスをよくするのも

一つの考えだけど、

意外に現代では食物自体に栄養が昔ほど含まれていなかったりするから

食べているけど栄養素が摂れていないかもしれない。

 

そればかりか、前にも書いたけど

有害な添加物がガンガン体内に入ってくるから

もう一筋縄では上手くいかない世の中になっている。

 

こういう状況なので

今必要なのは

もっとダイレクトに自分の体を整える

ということだよ。

 

体がある程度整っていれば

体の本来の機能が上手く働いて

自律神経のコントロールも快適になり

その結果適度な免疫力が出来て

花粉症などの不快な症状の緩和になるわけだ。

 

なんだかんだ言っても

やっぱり自律神経のコントロールが大事なんだけど

そもそも自律神経って意思によってコントロール出来ないからこそ

自律神経って呼ばれてるので矛盾してる?かも

 

ここが一般的に難しいところなのかもね。

 

自律神経はそれ自体が1つのシステムだから

特別何もしなくたって全自動で働いている。

 

暑かったら汗をかいて体温を調節し

寒かったら毛穴を締めて放熱を防いだり

内臓、血管、神経レベル

そして代謝、睡眠や免疫

生きていくためのコントロールを

それこそ全自動でやってくれているんだ。

 

でも、この基本的な機能がありながら

体調に個人差があるのは何故なのか?

 

それを知るには

どうして自律神経のバランスが崩れるのか?

を知ることだよ。

 

自律神経バランスが崩れる理由

よく言われているのは

・疲労

・睡眠不足

・ストレス

・栄養バランス

このくらいはみんな聞いたことあるんじゃない?

 

栄養バランスは最近特にスポーツ選手の管理でも

かなり細かくやってるけど

まあ個人的にはそこまでやんなくたっていいんじゃない?

って思ってる。

 

そういうことあまり考えていない選手は結果が出ない?

肉食は体にいい?

肉を食べなきゃスタミナがつかない?

そこまで言うのなら電子レンジで調理したのも

平気で食べさせているよね。

 

今の世の中

何が正しくて何が間違っているのか

が、こんがらがってるから

とりあえず信じたことをやってみればいい。

 

結果はそのあと分かるからね。

 

体に良いと言われていることをやっているけど

家族で同じ食事をしているはずだけど

必ずしもみんな同じ結果になることはない。

 

何か大事な要素が関係しているのが分かるよね。

 

自律神経が狂う原因、それは「気分」なのだ。

 

 

極端な話、気分さえよければ体調は良くなる。

これはれっきとした事実。

 

同じ治療をしていたって

同じ食事をしていたって

同じトレーニングをしていたって

気分のいい人の方が効果が出るものなのだ。

 

花粉症だって同じだよ。

 

あ~、うっとおしい

しんど~

つらい~

ガッデムッッ

なんて思って嫌な気分の時って

必ず体にはマイナスの反応が起きている。

 

免疫力だって下がっちゃうから

余計に花粉に反応しちゃって

症状が強くなってくる。

 

それだけじゃなく、もっといろいろ

大変な事態になっているのに自分じゃ気づかないんだよね。

 

逆に、たとえ花粉症の人でも

自律神経のコンディションを良くしていけば

いくらでも症状を軽くすることができるということだよね。

 

気分を良くするのにお金なんかまったくかからないから

どんどん自分にとって気分のいいことをやってみたらいいと思う。

 

人に迷惑を掛けない範囲でね。

 

しかし、いくら自力で頑張っても限界はあるもの。

 

どっかで頭打ちになっちゃったりもして

変化が出なくなっちゃうこともある。

 

そんな時、その限界を引き上げていくのが施術の役目だから

もっと体の筋肉を緩め

骨格を正し

血流を良くして

できるところはリセットしていこうね。

 

そうしていけば不調のリスクを必ず軽減できるはずだよ。