車の運転が難しくなる理由

やたらに多い変な交通事故

 

すでに社会問題化している高齢者による

車の操作ミスによる変な事故。

 

またか・・

なんて思うよね。

 

実際には本人の体調によるものや

あまり追及されていないけど車自体のものだったり

いろんな原因はあると思う。

 

車の原因ていうのは

アクセルペダルとブレーキペダルの大きさや間隔の問題とか

ヤバいのは車内電磁波の影響による脳の血流量低下で                        脳機能が低下してしまう可能性も十分考えられるのだ。

 

ほとんどの人は知らないと思うけど

最近の高性能な車は電気部品がメチャ多いでしょ。

ハイブリッドや電気自動車は聞いたところはいいが

運転中に浴びる電磁波は半端ないからね。

 

メーカーはこのこと知っていても

わざわざそんなカミングアウトするはずもなく

ただ、いい事しか言ってないし書いてないのが現状だ。

 

車に限ったことじゃなく、世の中ほとんど全てがそうなんだ。

 

だから各々で調べて知って危険を回避していかなきゃダメ。

 

最終的にドエライ目にあうのは自分なんだから。

 

 

この車内電磁波問題は深刻だけど

TVも新聞も政治も全くのスルー。

 

まるで無いことのようになっているけど

実際はあるんだから影響は必ず受けるのだ。

 

電磁波を浴びると体にはいろんな不調が出ることは知られている。

 

電磁波過敏症なんて病気もあるくらいだからね。

 

ひと昔前は最近のような理解不能な事故って

あまり耳にしなかったように思うけど

これってただ、SNSやネット環境が充実してきたから

なんてだけじゃないと思うんだな。

 

大きな原因の1つにこの問題があるような気がしてならない。

 

ただでさえ高齢者は脳機能が低下しているうえに

この強烈な電磁波でさらに脳の血流量が低下したら

もうトラブルなんて当たり前な感じでしょ。

 

事故のニュースで映る車を見ると

ト〇タのプ〇ウスとかア〇アとか

やたらそんな感じのが目につく。

 

やっぱ電磁波バンバン車だよね。

ト〇タ自体も、もとは旧帝国陸軍直轄の企業だから

この裏にもっとブラックな部分もあるのかもしれないし

ないかもしれない。。。。

 

だからあまりハイテク車は気が進まないのだ。

環境に良くても人間がダメージ負ってしまうようでは

全くもって本末転倒。

 

だけど、これの対策がないわけじゃない。

 

古い車は少なくなってくるから、どうしたって現代寄りの

車に乗らざるを得なくなってくるので

大事なのは、この場合のリスク回避だよね。

 

あったら早う言わんかい!!

ってメーカーに言いたいよ。

ここまでやってれくれてこその性善説なんじゃないのぉ?

と思うのだが。。

 

ま、この電磁波問題があるという事を認めてしまっては

国レベルで大変な事態になってしまうから100%ムリなので

自分で何とかしていくしかない状況なんだよね。

 

実は巷にはいろいろ電磁波回避グッズがあるので

それを有効に使えばたとえ電磁波が飛び交っている環境でも

脳内の血流量が低下することなく影響を受けなくなるのだ。

または受けづらくなるのだ。

 

この予防は絶対というくらいやっておいたほうがいい。

車内に限ったことではなく

5G化問題も深刻になることが予想され

ガンをはじめ様々な病気や精神疾患にも

かなり影響を及ぼすものだからね。

 

もはや365日、360度電磁波を浴びた環境で

生きていかなくてはならなくなってしまっているのだから。

 

おススメは「CMCペンダント のCタイプ」

まずこれを付けていれば電磁波による

脳の血流量の低下をかなり防げると思う。

 

もう1つの予防策

運転のトラブルは

体の運動機能の低下と脳機能の低下の2つが考えられる。

 

運動機能は自分で動いたり、                                専門のところでケアしてもらい体調を良くしていけばいい。

 

問題は脳機能の低下をどう防いでいくか。

 

明らかに低下してしまったものは改善は難しいけど

予防はなんとかできるよね。

 

自分で出来ることと言えば

生活の中で刺激あることをやってみる

指をよく使う、動かす

テレビゲームも最近の研究では有効らしいし

手足の末端部をよく揉んでみる

アルミを体内に入れない

前向きな思考とよく笑う事

など簡単にできるものは多い。

 

こういう良さそうなことは積極的に生活の中に取り入れていくといいいよね。

 

あと大事なのが脳の負荷を軽くしてあげること。

 

脳はいつも大働きして疲れてしまっていることも多いもの。

 

精神的ストレスがその代表だけど

その他にも、体のバランスが崩れているなんてのも重大だ。

 

なんせ脳はセンサーでもあるから

例えば体が前に傾き過ぎてしまっていると

もっとまっすぐにしなさいよ、という命令を出してくれる。

 

この命令に従ってくれれば

もうこの命令は出さなくても良くなるから

もっと他のことにセンサーを働かせることが出来る。

 

だけど、生活環境や老化などで

体に変なクセがついてしまってそのままになっていると

正常に戻れ!という命令が出っ放しになってしまい

その分だけ他のことにセンサーの効きが鈍くなるんだよ。

 

それが1つや2つじゃなく

たくさんの命令が常に出っ放しになったらどうなるのか?

 

そりゃ注意力が散漫になって

適時適切な行動が難しくなるのも分かるよね。

 

だから姿勢を良くしていくだけでも

脳の負担は減り、結果的に車の運転もしやすくなる。

 

姿勢がいい人は老化も遅い!

って言ってもいいと思うな。

 

姿勢は若くても崩れていくから

日々適切なケアは大事だよ。

 

当院でも姿勢改善を目的としたメンテナンスをしている。

立ち方

歩き方

動き方

呼吸の仕方

など基本を安定させてあげることによって

体の感覚は大幅に変わる人も多い。

 

立ち方のチェックをしてみると

初見時、いままで全ての人が異常だった。

 

見た目は普通に立っているのだけど

軽く押してみるとバランスが悪く

そして体を支える力が不安定なのだ。

 

これでは正常とは言えないよね。

 

本人が一番分かるけど

チェックした後、正常な状態を作ってあげると

その差にビックリする。

 

ちゃんと立つっていうのはこういうことなんですよ、とね。

 

今の内から自分の体を整えて

交通事故を少しでも減らしていこうね。。