除夜の鐘は必要か?

あっっっ

という間にもう今年も終わろうとしている。

 

みなさんはどんな年でしたか?

 

いい事や良くない事

笑った事、怒った事

楽しかった事、苦しかった事

まあいろいろあったはずだよね。

 

いろいろあるのが人生の醍醐味だし

また、それらを通して日々人間性、人間力を

高めていかなくてはならない。

 

このことがきちんと理解出来ている人は

2020年もきっといい年になるはずだ。

 

今地球で起きている様々な変化に対応しやすくなるからね。

 

この変化とは何も

温暖化や災害や

特殊詐欺や政治の腐敗などのレベルではなくて

もっと大きな変化のことだ。

 

だけど普通に生活していれば

大きすぎる変化は意外にも見えないものかもしれない。

 

ヒトラーも昔言っていたけど

小さなウソはすぐ見破られるが

大きなウソは見破られない、と。

 

これとよく似たことが

今この瞬間も世の中で起きているんだよ。

 

それも宇宙規模でね。

 

その大きな変化の真っただ中にいることを自覚して

人類全体の進化を加速していかなきゃいけないんだけど

 

なんだか最近よく耳にするのが

防犯で鳴らす半鐘がうるさい、とか

火の用心の拍子木がうるさい、とか

挙句の果てには

除夜の鐘がうるさい、なんて

ひと昔前では信じられないことが起きている。

 

ヤバいね、こりゃ。

 

そんな世の中になってしまったんかねぇ?

 

これじゃ人類の進化どころか

逆の退化の道をたどっていることにもなりかねん。

 

こういう事も世の中総半病人とまで

言われてしまう原因にもなっていると思うんだな。

 

要は、自分以外の存在に対してどう思っているのか。

に対する心の声が大切なのだ。

 

心の声は正直だよね。

絶対にウソをつけない。

言葉ではウソをつけるが

心ではムリだよね。

 

この心と言葉の間のギャップも

ケガや病気の原因になりうるので

できるだけこのギャップを小さくしていくことが

自分の健康にとってホントに大事だよ。

 

このことからも分かるように

いろんなことが影響しあって

この地球上でみんな生きている。

 

除夜の鐘だってみんなに影響をもたらすんだよ。

 

この時期特有の現象だと思うけど

全国で一斉に打つ鐘の音は浄化の意味をもつ。

 

心を込めて打つ鐘の音は

打ち手の想念も拡散していくので

みんなが高い想念をもって打つと

相当強力な磁場調整や浄化作用がなされるはず。

 

そしてその音を心静かに感じて

自身の浄化にもつなげていければいいよね。

 

なので最大限その効果を出していくには

打ち手の高い霊性も必要で

決して遊び半分でつくなんてしないほうがいい。

 

しっかりとした人に鐘はついてもらいたいね。

 

なので除夜の鐘には

それなりの大切なお役目があるんだから

そんなに文句は言わずに

素直に受け入れてほしいと思うんだ。

 

そういう心になってこそ

人生が楽に生きていかれるようになってくるんだから。

 

きっと肩こりや腰痛だって楽になるのだ。

 

2020年、いい年にしていきましょう!