コロナの第2波はいつやってくるのか

危ないのは気のゆるみかもしれない

最近の傾向を見ていると

ダイヤモンドプリンセスから始まった

コロナの第1波は落ち着きを見せ始め

 

巷にたくさんいたであろう潜在的感染者の方も

自然治癒してきたのだろうか

奇跡的に鎮静化してきた感じを受ける。

 

きっとみんなの祈りが通じたのかもしれないね。

 

だけど問題はこれからなんだよね。

 

アメリカやブラジルはまだ突出しているし

それにもかかわらず空港は入出国の人たちも多い。

 

もちろんその他の国や地域だって依然として大変なのだ。

 

こんな状態では

一時の気のゆるみが更なる大惨事にもなりかねないよね。

 

 

まず防がなきゃいけないと思うのは

夏に第2波を起こさないこと。

 

夏はただでさえ暑苦しいのに

そのうえマスクをしていれば

かなり大変になっちゃうからね。

 

そして他の災害のリスク度も上がってくる時期なので・・・

 

 

まあ、このコロナ危機は多くの人の気づき、目覚めがないと

収束にはなっていかないはず。

 

解除が解かれたからヤッホーではないのだ。

 

ニュースなどで、平時のようにふるまっている人々は

一部の人だけだと願いたいね。

 

 

今は地球に対して人間が引き起こしてきた

様々なカルマの回収が主な目的なので

それに見合うような思い・言動をしていかねば

いつになったってコロナは収束しないどころか

コロナどころではなくなるような事が

引き起こされてくることもある。

 

全ては一人ひとりの選択にかかっているから

利己的にならず利他の心をもって過ごしていきたいね。

 

 

そんなものよりワクチンが必要?

 

精神論ではどうにもならないと思う人が多いのもしょうがない。

 

それはまだ人々が精神レベルでの発達が途上だから。

 

まずは「思い」ありきなのだが

それがなかなか分からないのだ。

 

そんなものよりも実質的にワクチンと薬さえあれば

コロナなど鎮静化できるでしょ

ってのが大多数の考えなんだろうけど

真実はどうだろう?

 

確かに本当に善意のみで開発、生産し

安心安全が約束された物ならばいいのだが

現在のワクチンや薬の闇を知る人たちにとっては

これらはトンデモ物質なので

なかなか選択肢の対象にはならないと思う。

 

メディアでは先日

WHOの大きな功績として「天然痘」を撲滅したとやっていた。

 

これは天然痘が蔓延していたアフリカで

大々的な天然痘撲滅キャンペーンとして

天然痘ワクチンの接種をやったことが評価されている。

 

しかーし、、、

天然痘は撲滅できても

その代わりにアフリカで「エイズ」が爆発的に広まったのは偶然だろうか?

 

これが偶然だと未だに思っている人は

ちょっと考え方を180度変えたほうがいい。

 

世の中は悲しいかな

性善説ではなく性悪説で成り立っている。

 

性善に見せかけた性悪なので

予備知識のない人はコロッと騙されてしまう。

 

製薬会社も本気を出せば

天然痘を撲滅できるような素晴らしいものを作れるのに

そこになんと、わざと「エイズウィルス」を仕込んで

ワクチンを作ったのだ。

 

何のためにこんなことをするのか?

 

これが理解できれば世の中の闇の半分以上は分かったようなものかな。

 

ずいぶん前から地球では

ある作戦が実行中なんだ。

 

それは「アングロサクソンミッション」

平たく言えば「人口削減計画」のこと。

 

今の地球は人口過多のせいでバランスを欠き

様々な問題が起きているから

いっそのこと人口を減らしてしまえ、

ということなんだよね。

 

そしてそれを主導、実行するのは

優生学に基づいた白人、もっというとユダヤを名乗る偽ユダヤの組織。

 

この地球に今、転生してきている人が多いのも本来は必然で

宇宙視野では意味のある事なのだが

さっきの組織の連中のように視野が狭くなると

そんな宇宙の理を無視して

あたかも自分たちが神であると錯覚し

非道な手段で人口を減らそうとしているのだ。

 

しかし、更にもう少し宇宙視野で考えると

これらの悪事も一見ひどいようだが

これをきっかけに覚醒に至る人もいるので

必要悪ということになり

それなりに宇宙に貢献していることにもなる。

 

まあ完全なる善や完全なる悪はないから

全ては意味があり必要なものなんだけど

出来れば苦しみの中から学ぶより

喜びの中から学び覚醒していきたいと思うのだが。

 

まあ、これが性悪の正体なんだよ。

 

基本こんなことがいろんな分野で進行中だから

多くの人の気づき、覚醒、がないと

永遠にこの循環は断ち切れなくなってしまう。

 

ワクチンや薬にはこんな闇がある以上、

コロナワクチンが完成したとて

あわててそれを接種はしないほうがいいと思っている。

 

必ず何かウラがあるから

騙されないようにしたいものだ。

 

311の混乱に乗じて

TVCMで洗脳されるくらいやっていたのが

「子宮頸がん予防ワクチン」のPRだった。

 

政府主導の肝いりのキャンペーンだったね。

 

1回たしか数万円はしていたと思うけど

それを国や自治体で代金を肩代わりして

「お祝いワクチン」とも言われて

それは多くの女性が何も知らず接種した。

 

その結果どうなっただろう?

 

知らなかった人にとっては正に

青天の霹靂、予想外の副作用に悩まされ

亡くなってしまった人もいたのを忘れないでほしい。

 

しかし、こんな茶番を知っていた人からしてみれば

こんなことは火を見るよりも明らかな結果であり

事前に警鐘を鳴らしていた通りになってしまったわけだ。

 

にもかかわらず国は副作用は認めずにいる始末。

 

これを性悪と言わず何というのか?

 

無知は罪、ということを深く考えて

一時のパニックに思考回路を乱されず

状況に応じて正しい選択をしていこう。

 

今、またこんな悲劇が繰り返されるかもしれない状況だから

みんなで気を引き締めコロナに打ち勝っていこう!