膝のゆがみは放っておくとヤバいことに・・・

みなさんこんにちは!優斗です!

 

膝の痛みも首や腰に負けず劣らず結構多い症状です。

 

直径10数センチの断面に全体重が掛かるので

少しでもバランスが崩れていれば相当関節面への負荷がかかるのは想像できますよね。

 

みなさんの膝のバランスは大丈夫ですか?

 

膝の不調のある方はほぼ全員この関節面のバランスがおかしくなっていると思いますよ。

また、今は全く痛みを感じていなくても

関節面のチェックをしてみると結構多くの人は

関節のゆがみがすでに危険水域まで達しているかもしれません。

 

当院でも多くの方の膝をチェックしてきましたが

まあお見事、ほぼ全員バランスが狂っていました。

 

こんな状態で整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらえば

「あ~、変形してますね。年だからしょうがないね・・・・」

みたいなことを言われるのがオチ。

 

これを治すには手術で骨を切って関節面の隙間を均等にしていくほかありません。

 

でもでも、中学生だってこんなバランスの崩れた膝になっていることもザラなのに

中学生でも年のせい?になってしまうのでしょうか??

 

なんだかおかしいですよね。

 

ちょっと実際に見てみましょう。

この白いシールの貼った場所は関節面です。

内側の隙間は向かって右

外側の隙間は向かって左です。

 

ほとんどの方はこのように内側の隙間が狭くなっていて

痛みも内側に出る人が多いです。

 

こんなに関節が斜めになっているんですよね。

ちょっとびっくりしませんか?

 

特にこの方が・・、というわけではなく

このくらいのゆがみはとても多いものなんです。

 

本人はまっすぐ立っているつもりでも

膝でこんだけ斜めになっていたら

変なムリな力が自然と掛かってしまいます。

 

その結果痛みが出やすくなったり

痛みがなかなか取れてこなかったり

お水引いてこなかったり

すごく負担が大きい膝になってしまっています。

 

本来ならまずここをしっかり改善してあげなきゃ

いくら注射を打ったり、グルコサミンを高いお金を出して飲んでいても

何の解決にもならないことはお分かりになりますか?

 

関節面が斜めになっているんだったらまっすぐに整えてあげればいいじゃん!

って言っても整形外科的には骨を切ったりする大手術・・・

 

こんなことできればやりたくないですよね。

 

まだこのあたりのことはメディアでも取り上げていませんが

こんなことくらい実はどうにでもなるものなのです。

 

さっきの膝の写真の歪み、覚えていますか?

チェックだけなら誰にでもできますが

問題はここからです。

 

じゃぁちょっと調整してみましょう!

すると!

どうです?!

内側と外側の関節の隙間がしっかり平行に並んでいるのが分かりますか?

当院のとっておきの膝の調整をすれば確実に関節面のバランスは改善します!

 

この方は何か月も病院やほかの治療院に行っていたのですが痛みが治まらず

知人の紹介で来院していただいたのですが、3回施術したら完全に痛みが消え

全く問題なく生活できるようになりました。

 

このように膝の痛みの原因のほとんどは関節の歪みにあるといっても過言ではありません。

 

じゃ、ほかの方の写真も見てみましょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調整後は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じに。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この方はすごく歪んでましたが

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じに。。

 

実際に見ていただければ手術をしなくてもこれだけ関節面が整って

確実にバランスが良くなっていく様子が分かりますよね。

 

調整自体は数分もあれば完了しますから

特別、時間を掛けなくたっていいので気軽に来てもらっていいですよ。

 

病院に行っているけど膝の痛みが全く取れない・・・

階段の上り下りがつらい・・・・

うまく座れない・・・・

痛くてスポーツがうまく出来ない・・・・

お水が引いてこない・・・・

なんて、様々な膝の不調がありましたら是非当院の膝の施術を受けてみてください!

何気に当院、膝の痛みは得意なのでヨロシク!です。