肩こりさん必見! 枕の役目とは

みなさんこんにちは! 優斗です!

 

世の中にはたっくさんの枕があるけど、みなさんはどんなのを使っていますか?

最近は枕外来なんてあるくらいだから枕って大事だよ、ってのが分かるよね。

 

いい枕のポイントは材質と形状だと思う。

一時低反発が流行ったけど、やっぱダメだったのか

最近は高反発系に分がある気がする。

 

何でもやわらかい方が具合がいいなんて気がしてしまうけど、やわらかいものは沈み込みも深くなって骨格を支えきれなくなってしまうんだ。

よく腰痛の人がフカフカの高級ソファーに座ってたら悪化してしまった、なんて話は普通だし。

 

そこへいくと、高反発の方が狙ったポジションをキープしやすくなるから骨格も安定するというメリットがある。

 

そもそもだよ、枕の本来の目的って知ってる?

単なる頭の布団、みたいなものではなくニュアンス的には「首のいす」みたいなものだと思う。

 

枕って本来首を安定させるものだからね。

みんなも知っての通り、首の骨は横から見ると前弯といってゆるいカーブになっているよね

このカーブを寝た状態でもキープするものが枕の仕事。

 

姿勢の基本はまっすぐ立っている状態だから、理想的にはこの体勢のまま寝れるのが一番負担の少ない恰好になるんだ。

それに横向きで寝た場合だって同じことが言えるから、上向きの時の枕の高さと、横向きの時の枕の高さは絶対に違わないとおかしいよね。

 

だから変にやわらかい布団や枕だとこのいい姿勢がキープできなくなってしまうから

朝起きたとき筋肉の疲れがリセットされていない、ってことにつながるんだよ。

 

あとせっかくいい枕を使っていても、当てる位置が悪いと首に余計負担がかかって寝違えや肩こりなどのトラブルになっちゃうから注意が必要。

簡単なチェックをしてみよう。

普段寝ているように寝てから、首はそのままの姿勢で手のひらを横から首と枕の間に差し込んでみよう。

これが入るようならNG!

首と枕の間に隙間があるってことだから、こんな人は寝ているにもかかわらず首に負担が掛かりっぱなしになっているってことだよ。

枕はしっかり肩のラインまで深く当てるのがいい。

肩こりや腰痛などのトラブルがある人で、朝調子が特に悪い人は枕や布団を見直してみたほうがいいだろうね。

疲れをとるための睡眠なのに、余計疲れたんじゃ意味ないよ。

 

自分にとって理想的なバランスの枕に巡り合うのも運かもしれない。

数ある商品をみんな試すわけにいかないから、どうしてもある程度の範囲の中で妥協しちゃうよね。

そんな枕難民の方に当院が自信をもっておススメできる枕がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

米国CORE社の「エア・コア」定価10584円(税込み)

今なら10%OFFの9526円です!!

 

優斗も使ってるけど、これはエアーポンプで高さを調節できるから人によっての微調整が出来ちゃうんだ。

そしてサイドは高くなってるから横向き時に対応してくれる。

あとは中央のくぼみや枕の下などにバスタオルやフェイスタオルなどで微調整すれば完璧!

寝ているときに首の疲れを取るには枕の役目がすごく重要になってくるから、枕を甘く見てた人はちょっと見かたを変えてみるといいかも。

首という直径10センチ程度の筒の中に、生きるために必要なものがギッチリ詰まっているわけだからここの状態の良し悪しが健康に大きく関わってくるのは知っておいてほしいね。

まだ運命の枕に出会えてない人は参考にしてみてね!