急性膵炎のワンちゃんの施術

みなさんこんにちは! 優斗100%です!!

 

アニマルヒーリングあずき、当院のもう一つの看板。。

何かっていうと、要するに動物たちの整体なんだけどね。

 

人間を施術しているテクニックで動物たちにも通用するものってたくさんあるんだよ。

てか、そうじゃなきゃ本物ではない!よね。

 

本当に有効なものっていうのはシンプルで万能でリスクは限りなくゼロ、これを本物って言うんだ。

 

みんなの周りにはどのくらい本物があるかな?

 

たとえば「電力」なんかどうだろう?

水力、火力、原子力、とあるけど本物ってどれ?

 

間違っても原子力ではないよね、リスクあり過ぎ・・・・

 

水力、火力にしても水にも限界があるし、重油にも限界がある。

だからこそこれからの時代はフリーエネルギー技術を発達させていかなきゃいけないはずだよね。

 

無限にあるもの、それは空間にあるエネルギー。。

空間にはいろんなものがぎっしり詰まっているから空間なんだよ。

 

その中にはテレビやラジオ、スマホの電波だって飛び交っているわけじゃん。

他にも太陽光、自然微量放射線、酸素、窒素、などなどいろんなものがぎっしり詰まっているのは理解できるかな?

これらが見えたらたぶんみんなぶっ飛んじゃうだろうね。

空間にはこれだけいろんなものがあるんだから、そこをエネルギー源とする発電機があれば枯渇する心配もないしリスクだって無いように思う。

ま、実際研究している人も当然いて、十分現実的な話なのだ。

 

ちょっと話はそれたけど、その空間の中に生命に有効なものって絶対にあるはずだよね。

ただそれを使えるか、使えないか。

 

当院の施術ではまさにその空間の中にある生命に有効なエネルギーを取り出して使っていく、ちょっと珍しいことをやっている。

だから人だけでなく、動物たちにもかなりポジティブな変化を与えることが可能になってくるんだよ。

 

急性膵炎て聞いたことあるかな?

自分の消化液で膵臓を溶かしてしまう、という激痛を伴う病気でダメージも回復しづらく、予後もあまり良くないという厄介なものなんだ。

 

以前からケアしているゴールデンレトリーバーの4歳の女の子なんだけど、ある日突然この病気になってしまい獣医さんに診てもらってはいるが吐き気や不調が続いている様子だった。

そこで30分ほどかけて背中の筋肉、自律神経、腹部、足裏の反射ポイントなどからどんどんさっきのエネルギーを注入していき、いろんなレベルでの正常化を狙って施術してみた。

その時からすでに元気いっぱいだったけど、そのあと獣医さんで数値を測ってもらったら400あったのが40にまで下がってた!と報告をもらい、まずは一安心。。

それが去年の10月の話、で8か月経った今もあれから全く症状が出ていなくて絶好調!

膵炎てそんなに簡単には回復しない病気だけど、やり方によってはミラクルな回復ってしちゃうんだよね。

 

今の時代、人もペットも共に健やかに暮らしていきたいけど、なかなかそうできていないケースも実は多いんだと思う。

あずきでは、そんなペットたちとオーナーさんの橋渡しができるような施術を目指しているので、病院以外の選択肢としてもらえればうれしいかな。

 

また、最近はドックスポーツも盛んになってきているので、ワンちゃんたちの身体能力向上を狙っての施術も得意だよ。

優斗も以前Bコリーのピットくんとフリスビーのディスタンス競技をやっていたから、ワンちゃんのボディーケアも力を入れられるかな。

動物は別に種類や大きさ問わずなんでも対応できるから、まずは相談してみてね。

ウチにいるパジェットガエルは成体で来てから10年たつけど絶好調(^^♪

エキゾチック系でも全然大丈夫だよ💛

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あずきは完全予約制で事前に電話予約が必要なので、前日までに予約してね。

基本的に土曜日の午後と日曜・祝日が営業日だけど、オーナーさんやペットちゃんの都合で平日の1時~2時くらいでも対応可能。

HP内の電話番号(026-293-5568)までお電話くださいね。。