悪い言葉を使うとヤバいのだ

みなさんこんにちは!優斗です!

 

超大型台風の雨で千曲川の水位がかなり堤防ギリギリになっているのをライブカメラで見てヒヤヒヤしていたよ。

あともう少し降っていれば結構危なかったかも・・・

災害は突然やってきたりするから、いろんな準備は必要だよね。

被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

 

そして総選挙もあり、その結果にますます日本の未来に不安というか絶望感を感じてしまった・・

国民の選択があまりに直近の一時的な経済効果に目がくらんで、この選挙の裏に隠された真実を見抜けていない人がなんでこんなにも多いの?

そんな人は後になって与党内で可決される事案、TPPや原発問題、そして戦争など起こって自衛隊だけじゃ足りないから民間からも徴兵しますからよろしく、なんて言われても反対する権利はないよね。

そんなリスクが絡んでくる選挙でもあったのだ。

 

もちろんこんなことは決して報道はしないし、出来ないものだ。

そもそもそんな勇気のあるジャーナリストは表の世界にはいないのかもね。

これで日本は更に危険なステージに足をまた一歩踏み入れてしまった、というのが正直な感想だ。

あとは民間レベルでどのくらい微調整ができるか、しかないような気がするが・・・

 

こんなことで自分の心を乱しちゃいけないけど、乱れてしまうと体調などにも影響が出るものだから気を付けないと後で痛い目をみることになるんだ。

きのうやってきた患者さん、お母さんと、小学生の兄妹の3人なんだけど、なにやら兄妹で口喧嘩をしつつ入ってきて、お母さんは「はぁ~」とため息をついてお疲れ気味。

大変そうだったね。なかなか言う事聞かない様子で・・・

 

そこで!

お兄ちゃんに、悪い言葉を使ったら体がどうなるか体験してもらった。

するともちろん力が入らなくなるし、バランスや姿勢もグラグラ。

こんな状態でサッカーでシュートしても弱いボールになっちゃうのは誰にでも分かるはずだから、この最悪な状態から少しでも早く脱出しなきゃいけないよね。

そのためにどうするべきか。

こんな大事なことが全くスルーされているんだ。

 

お母さんが言っていたけど、学校で今子供たちが使っている言葉がヒドイみたい。

テレビの影響なんかも大いにありそうだけど、いい事と悪いことの区別がつかない状態なのかな?

これがいかに免疫力を落として体調不良の原因になるかを分からなきゃ、これから先しんどいかもしれない。

 

さっきのお兄ちゃんに、いい言葉を出してからもう一度同じ検査をしてみるとさっきとは180度違う結果になっていて「えっ?なんで??」と思わず言っていた。。

これは特別な反応なんかじゃなく、当たり前の反応なんだけど、みんないちいち検査なんかしないから自分の体の変化が分からないだけなんだ。

いちいち調べてみればかなり面白い変化が出ているものなんだよ。

 

要するに、言葉一つでも体は確実に変わる!ということ。

覚えておいてね(^^♪