頭痛の改善方法 その1

みなさんこんにちは!優斗です!

 

日本人に多い不定愁訴のなかで「頭痛」もけっこう多い症状の1つだね。

 

特に現代ではスマホ病といわれるくらい、姿勢の崩れから頭痛・肩こり・目の疲れ・腱鞘炎などなど引き起こされることも増えているんだ。

右側は中二病だからほっといてよし・・・・・・・・

 

ま、その不定愁訴の中でも辛いのは頭痛かも。。

 

頭痛といっても、その原因によって何種類にも分類される。

病的な頭痛を除けば、大方筋肉の緊張性頭痛と片頭痛に大別されると思うけど、今回は緊張性頭痛の方を取り上げてみるよ。

脳外科に行ってこの緊張性頭痛と言わる人は多いと思うけど、これにもやはり原因は様々で、単純に筋肉が固まって痛くなる場合のほかに、見落としなのが頸椎の歪みによる頭痛ってのもある。

お薬を飲んでも、寝て休んでみても改善してこない時ってつらいよね。

 

自分でも経験があるけど、普通だったら一晩寝て起きればスッキリするのに、なぜか寝ててもズキズキズンズン・・・・

んで、自分の頸椎をチェックしてみたら、ん! 歪んでるじゃん。。

そこでその歪みをなおしてみたら・・・

急にス~っと楽になったんだ。

 

骨が神経を圧迫してたんじゃそりゃ治らないわけだ・・

 

なかなかとれない頭痛の原因は首の骨がきちんとした場所にないから、ってことも十分あるから、きちんと頸椎を整えておいた方がいいよね。

 

で、次に問題になってくるのが、この頸椎の整え方だ。

よくゴギゴキッ、バキバキッと力業でやってるのもあるけど、当院はちょっとそれはデンジャラスだし、いまいち正確性に欠けそうだし、2次的に損傷を引き起こす可能性もあるからちょっと違った方法で整えてるんだ。

 

体というものは、自分の異常を自分で回復させようとする力を持っている。

その力を加速してあげると頸椎の歪みはほとんどの場合2,3回深呼吸している間に整っちゃうのだ。

しかも、その人本来の収まりのいいところに収まっていくから、より確実性が高まるんだよね。

 

リスクがなく、しかも確実な頸椎の調整で頭痛をしっかりと改善させていこう。